シミやくすみが気になり始める30代の基礎化粧品の選び方

PublicDomainPictures / Pixabay

突然ですが、30代になって、あなたのお肌はどう変わりましたか?
20代の頃までは夜更かしをしてもたいして影響の出なかった肌も、30代になったら急に肌荒れが起こりやすくなります。

それだけではなく、気がついたら目の下にクマができていたり、肌がくすんで透明感がなくなっていたり、シミやシワができてしまうこともあります。今までは特に感じなかった肌の悩みが、30代になった途端に現れてくるのです。

次から次へと出てくる肌トラブルに、ため息がこぼれてしまうかもしれませんね。シミやくすみのある顔は「すっぴん美人」とはほど遠く、実年齢よりも老けて見られてしまうことも少なくありません。

やはり女性たるもの、いつまで経っても若くキレイでいたいですよね!そこで「シミやくすみが気になり始めた30代」の基礎化粧品の選び方について、説明したいと思います。

シミを薄くするためには「ビタミンC誘導体」や「フラーレン」

すでにできてしまった「シミ」を薄くするには、「ビタミンC誘導体」や「フラーレン」などが含まれた基礎化粧品を選びましょう。

シミにはいくつかの種類があるのですが、主なシミは紫外線による「老人精色素斑」です。わたしたちの肌は紫外線を浴びる紫外線から肌を守るために「メラニン」を作ります。このメラニンによるシミを薄くするには長い時間が必要だということをあらかじめ理解しておいてくださいね。

ビタミンC誘導体など抗酸化作用のある成分をシミのある部分に補うことで次第にシミは薄くなっていきますよ。肌の漂白剤と言われる「ハイドロキノン」もシミを薄くする効果は高いのですが、その分肌への負担も大きいので気を付けてくださいね。

また、フラーレンにはビタミンCの172倍もの抗酸化作用があることで知られています。今あるシミを薄くするだけでなく、シミを予防する効果も非常に高い成分といえるでしょう。

シミが気になり始めた人はこのような成分が配合された基礎化粧品を選ぶと良いですね。

くすみが気になる30代はターンオーバーを整えることから始める

くすみの原因は、古い角質が肌の表面にたまってしまっていることです。

ふつう、わたしたちの肌は28日サイクルで新しいものに生まれ変わります。このサイクルのことを「ターンオーバー」というのですが、年齢とともにこのターンオーバーは乱れてしまいます。ターンオーバーが乱れると肌の表面には古い角質が残り、くすんでしまうのです。透明感のある肌は、女性なら誰もが憧れますよね。くすんだ肌に透明感はなく、相手に疲れている印象を与えてしまいます。

そんな人におすすめなのは、古い角質を取り除くAHA(フルーツ酸など)が配合された基礎化粧品です。ふきとりタイプの化粧水に配合されているものもありますが、刺激が強すぎることあるので肌の弱い人は要注意です。まずはAHA配合の洗顔石鹸などから試すと良いと思います。

お金に余裕のある30代にはSK-2がおすすめ

テレビCMでもお馴染みの「SK-2」は、酵母から抽出した独自の成分「ピテラR」を配合しています。この成分は透明感を高める効果が非常に高いので美白化粧品を探している人にはおすすめです。しかしSK-2の基礎化粧品をライン使いする1ヶ月で35000円ほどのコストがかかるというデメリットもあります。

バリバリ働く30代女性なら、基礎化粧品にお金をかけることもできるでしょう。低刺激なので肌にやさしい基礎化粧品ですよ。

30代は、シミやくすみが突然気になり出す年代です。いつまでも若々しくいるためにも、シミやくすみに特化した基礎化粧品を選びたいものですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です