30代になってもキレイな肌を保つ基礎化粧品の選び方!

Female

30代になると、「お肌の状態」は若い頃とはずいぶん変わってきます。乾燥したりシワやシミが出てくるなど、一気に「肌の衰え」を感じる人もいるでしょう。

いつまでも若々しくキレイでいたいと思う女性にとって、年齢による肌の衰えは時に憎らしく思うものです。

さて、30代になった今、あなたは自分のお肌に「どんな悩み」がありますか?

その悩みによって、選ぶべき「基礎化粧品」も変わってくるものです。そもそも基礎化粧品とはどのような化粧品のことをいうのか、ご存じでしょうか。

基礎化粧品とは、メイクアップのためではなくスキンケアのための化粧品のことを言います。ファンデーションやアイシャドウではなく、化粧水や美容液のことですね。

「乾燥」が気になるあなたへ

30代になると、今まで気にならなかった「乾燥」が気になってくる人が多いです。実は肌表面は潤っているのですが、肌の内側が乾いている「隠れ乾燥肌」の人が、20代後半や30代には多いと言われています。

更にいうと、わたしたちの肌の「皮脂分泌量」は20代をピークにその後はどんどん減っていきます。そのため、30代になったら急に乾燥してきたと感じるのです。そんなときは、「セラミド」や「ヒアルロン酸」が配合された基礎化粧品を選びましょう。

セラミドは水分を挟み込む性質を、ヒアルロン酸は水分を抱え込み、高い保湿能力があることで知られています。これらの保湿成分は年齢とともに徐々に減っていくものなので、基礎化粧品から積極的に補ってあげましょう。

ヒアルロン酸は化粧水、セラミドは乳液や美容液などに含まれていることが多いです。

「シミ」が気になるあなたへ

30代になると急に増えてくるもの、それは「シミ」です。

20代の頃には気にならなかったシミが、30代になると急に出てきてびっくりすることもありますよね。基本的にシミは紫外線による「老人性色素斑」、ニキビ跡による「炎症性色素沈着」、そしてホルモンバランスの乱れによる「肝斑」の三種類があります。

シミが気になるとき、今あるシミを薄くしたいときには「ビタミンC誘導体」や「ハイドロキノン」の含まれた基礎化粧品がおすすめです。そして新たなシミを作らないようにすることも大切です。

せっかくシミが薄くなっても、また別のシミができてしまっては意味がありませんよね。そうならないように、メラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑える「アルブチン」やや「プラセンタエキス」などが配合されたものが良いですね。

20代の頃と違う!30代のシミ対策におすすめの基礎化粧品

30代の基礎化粧品は肌の悩みに合うものならライン使いでなくてもOK

なんとなく基礎化粧品は、同じブランドの同じシリーズで揃える「ライン使い」が一般的です。今現在、基礎化粧品をライン使いしているという人も多いのではないでしょうか。

しかし基礎化粧品は、別にライン使いしなければいけないということではありません。自分の肌に合うもの、そして自分の悩みに特化した成分の含まれるものなら、ブランドやシリーズがバラバラでもいいのです。

ライン使いにはあまりこだわらなくてもいいんですよ。

保湿成分を補うための化粧水、そして肌のトラブルや悩みに特化した成分の美容液、保湿成分と油分を補う乳液、そして補った保湿成分の油分を逃がさないようにするためのクリームが、基本的な「基礎化粧品」です。

お気に入りのアイテムがあるという人もいるでしょう。30代になって肌の様子が変わってきたからといって、お気に入りのアイテムまで別のものに代える必要などありません。

好きなものはそのままに、基礎化粧品の一部を悩みに特化したものにして、30代になってもキレイな肌を保ちましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です