基礎化粧品の使い方で素肌は大きく変わる!

Cosmetics

40代になって今までに見たことのないほどのたくさんの肌トラブルに悩まされている人もいるでしょう。若い頃には感じたことのなかった「肌トラブルのオンパレード」に、初めは自分の目を疑うかもしれませんね。

今まで大丈夫だったからといって安易に考えているといつの間にかシミ、シワ、たるみ、くすみ、毛穴、キメの粗さなどが目立っているかもしれません。女性にとって、「素肌がきれい」というのはこれ以上ない自信につながります。

40代ならなおさらですよね。実は、「基礎化粧品」の使い方で素肌は驚くほど変わります。

年齢や肌質によっておすすめの基礎化粧品があるように40代には40代に合った基礎化粧品があります。そこで、40代の「きれいな素肌」のための基礎化粧品について、お話ししていきましょう。

足りない成分をほどよく補う、シンプルな基礎化粧品がおすすめ

40代になってたくさんの肌トラブルが出始めると基礎化粧品を片っ端から肌に塗りつけたくなりますよね。「エイジングケア」と書かれた基礎化粧品や、自分の悩みに特化した基礎化粧品があれば、とりあえず試してみる…という人もいるかもしれません。

しかし、肌が求めているのは「豊富な美容成分」ではありません。本当に肌が求めているものは、「もともと肌に存在する成分」です。

40代になると20代の頃と比べてヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどは半分以下にまで減少します。これらの成分は、すべて肌に潤いを与えたり、潤いを保つために使われます。

40代で乾燥を始めとする様々な肌トラブルが起こるのは、このような「元から肌に存在する成分の減少」が原因です。きれいな素肌を目指すのならこれらの「減った成分」を補うシンプルな基礎化粧品によるスキンケアでいいのです。

たくさん栄養を与えすぎると肌そのものの機能も低下していってしまいます。

きれいな素肌のためには「ターンオーバー」を整えること

「ターンオーバー」という言葉をご存じですか?

美意識の高い人なら聞いたことはありますよね。ターンオーバーとは、肌が生まれ変わるサイクルのことを言います。肌のターンオーバーは約28日なのですが、年齢とともにターンオーバーはどんどん長くなっていきます。

すると本来なら剥がれ落ちるはずの角質などが肌に残り、それは「くすみ」などになってしまうのです。40代の肌のくすみは、ほとんどがターンオーバーの乱れによるものです。

では、なぜ「ターンオーバーが乱れる」のでしょうか。加齢や生活習慣などもありますが、40代の場合は「乾燥」も大きな原因の一つです。

先ほどの項目でお話ししたように、40代は肌の保湿成分が減少し、潤いを保つ機能も低下します。乾燥対策をすると同時に、肌に透明感を与えられる基礎化粧品を使ってみましょう。

おすすめは「SK-2」シリーズです。SK-2には、酵母から抽出した独自の成分「ピテラ」が使われています。このピテラ2には透明感を高める効果があるので、くすみを落として素肌をきれいにすることができますよ!

肌に残っている古い角質をきれいに取り除くことは、ターンオーバーを正常にするための第一歩です。フルーツ酸によるピーリングは40代の肌には刺激が強すぎるので、低刺激の基礎化粧品を使いたいですね。ほか乾燥はシワやたるみの対策に化粧品「I’m PINCH (アイムピンチ)」がおすすめとなっています。

「乾燥対策」と「ターンオーバー」を意識すれば40代の素肌はきれいになる!

40代の肌に様々なトラブルが出てしまうのは、そのほとんどが「乾燥」と「ターンオーバーの乱れ」によるものだということが分かりましたね。

つまり、この二つの対策をしっかりすれば40代の素肌はきれいになるということです。生活習慣を見直し、基礎化粧品も見直してみましょう。基礎化粧品は、新しいものがどんどん作られています。思わず目移りしてしまうこともあるでしょう。

新しいものがダメということではありませんが、40代で基礎化粧品を変えるときにはアスタリフトのトライアルセットのようなトライアル商品から利用してから始めてみてください。肌に合わないものを使ったのでは、どんなに頑張ってもきれいな素肌にはなれません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です