40代の正しい基礎化粧品の使い方とは?

Skin

40代になって、急に肌の衰えを感じ始める人もいるかもしれませんね。肌がたるんだりシミが増えたり、シワがくっきり…なんてこともあるでしょう。鏡を見るたびにイヤになり、自分が嫌いになってしまう人もいるほどです。

お肌の曲がり角は20歳と言いますから、40代ではすでに坂を下り始めて20年以上が経過しているということです。そのことを考えれば、肌に様々なトラブルが起こるのは当然のことと言えますね。年齢とともに、肌も年相応の状態になっていくのです。

しかし女性たるもの、いつまで経っても「若くキレイで」いたいと思いますよね。キレイな肌を保つために欠かせないこと、それはずばり「基礎化粧品によるスキンケア」です。

40代にもなれば、もう何年も繰り返し行っているスキンケアですが、そのやり方は本当に合っていますか?実は間違ったやり方でスキンケアを行っている人は意外と多いものです。若々しい肌を保つためにも、正しい基礎化粧品の使い方について今一度おさらいしてみましょう。

肌に負担をかけない「化粧水」の使い方

あなたは化粧水を使うとき、どんなふうにしていますか?血行が良くなる、化粧水の浸透率が良くなるなどの「間違った思い込み」から、化粧水を手で叩きつけるようにしていませんか?

実は、40代やそれ以降の年代の人は「化粧水を手で叩きつける」ようにする人が多いのです。

これは肌の血行が良くなるどころか、むしろ「肌に刺激」を与えてしまうのです。40代にもなれば、若い頃よりも肌は弱くなっていきます。そこに「叩く」という刺激を与え続けたとしたら…どうでしょう。

肌は刺激から守るために角質を厚くしたり、時にはシミの原因となってしまいます。ですから、化粧水は「やさしく手で」つけましょう。化粧水をコットンでつけるのもいいのですが、やはり「手で」つけるほうがおすすめです。

コットンでこするのも刺激になりますし、手を使えば「今の肌の状態」も分かりますよね。化粧水をたっぷりと手に取り、やさしく手のひらで押さえるようにつけましょう。

基礎化粧品を使う順番を守ろう

基礎化粧品を使う順番は、ご存じですか?40代にもなって、何を今更…と思うかもしれませんね。しかし、正しい順番で基礎化粧品を使えている人は意外と少ないそうです。ここで、基礎化粧品を使う正しい順番についてお話ししますね。

まずはクレンジング、そして洗顔です。メイクをしない日はクレンジングは必要ありませんが、洗顔料は毎日欠かさず使ってください。洗顔のあとはすぐに化粧水で保湿成分を補います。クレンジングと洗顔で水分を失った肌に、間髪いれずに水分と保湿成分を補いましょう。

化粧水のあとは美容液です。美容液は自分の肌に悩み(シワやシミなど)に特化したものを、肌トラブルのあるところに使います。その次が乳液で、保湿成分と油分を補います。40代になると皮脂の分泌量は20代の頃の半分以下にまで減っています。

保湿成分だけでなく油分も補うことはとても大切です。最後はクリームで、補った水分・保湿成分・油分が逃げないようにフタをしましょう。

これが基本の、正しい基礎化粧品を使う順番です。あなたの使い方はあっていましたか?

40代の基礎化粧品は、自分に合うものが一番

40代向けの基礎化粧品は、「エイジングケア」「アンチエイジング」などと言ってたくさん販売されています。テレビCMなどでもよく言われる決まり文句ですよね。

このような基礎化粧品には、40代に「足りないもの」そして「積極的に補いたいもの」が含まれています。しかしそのような基礎化粧品が、あなたにも合うとは限りません。

特に肌は年齢とともに敏感になっていくものですから、「自分の肌に合うもの」を使うことが何よりも大切なのです。新しく基礎化粧品を試すときには、まずはトライアルセットから始めてみてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です