40代の基礎化粧品はフラーレンやEGF成分配合の商品を選ぶ!

Cosmetics

40代になると、今までには感じたことのないような「肌の変化」を感じるようになります。それは誰にでも平等に訪れる「肌の老化」です。

お肌の曲がり角が20代でやってくるということは、みなさんすでにご存じですよね。

お肌が曲がり始めてからすでに20年が経つわけですから、どんな肌トラブルが出ても不思議ではありませんよね。とは言え、「肌トラブルなんて必要ない!」というのが女性の本音でしょう。たとえもう40代でお肌の曲がり角はとうに過ぎているとはいえ、いつまでも若々しくいたいというのが女性なのです。

40代になったからといって、「若々しい肌」を諦める必要はありません。ポイントは「基礎化粧品」です。40代向けの基礎化粧品はたくさん販売されていますが、基礎化粧品は「成分」で選びましょう。40代が重視したい基礎化粧品の成分について、お話ししたいと思います。

最新アンチエイジング成分「フラーレン」

40代が積極的に摂りたい成分のひとつが、「フラーレン」です。フラーレンは、今世界的にも注目されている最新のアンチエイジング成分なんですよ!

肌が老ける原因は、「酸化」、肌が錆びることです。この酸化を防ぐことができるのが「抗酸化作用」のある成分です。ビタミンCなどが該当するのですが、フラーレンにはビタミンCの172倍もの抗酸化作用があることで知られています。若返り効果が非常に高い成分で、今あるシミを薄くしたりこれからできるシミを予防する効果もあるのです。

フラーレンに若返り効果があることは、最近知られたばかりです。そのため、フラーレンが含まれた基礎化粧品は、まだあまりないのが現状です。

肌本来の力を引き出す「EGF」

わたしたちの肌には、もともと「潤う力」もありますし「潤いをキープする力」もあります。しかしこれらの力は、年齢とともに衰えていくものです。体力が落ちたり、筋力が弱くなるのと同じで、肌そのものの力も衰えていくのです。肌を若々しく保つためには、この「肌本来の力」を回復させなければいけません。

「EGF」という保湿成分は、肌本来の力を引き出して潤いのある肌に導く働きがあります。肌そのものが持つ「潤う力」や「潤いをキープする力」を引き出すことができるのです。

また、EGFには細胞を再生させたりターンオーバーを正常に整える作用もあります。年齢とともに肌がくすんだりシミが濃くなるのは、細胞がしっかり再生されず、古い細胞が肌の表面に残っているからです。普通、わたしたちの肌は28日サイクルで新しいものに生まれ変わっています。

このサイクルが長くなると、くすみやシミの原因になると言われているのです。EGFはそのターンオーバーを正常に保ち、肌荒れや大人ニキビ、ニキビ跡を改善したり、その保湿効果で肌のハリをアップさせることもできるのです。まさに肌の衰えを感じている40代のための成分と言えますね。

この二つの成分が使われた基礎化粧品はあるの?

では、ここまでにお話しした「フラーレン」と「EGF」の二つの成分が使われた基礎化粧品はあるのでしょうか。それは「RAS A.I.33」というオールインワンパッククリームです。年齢肌に負けない肌作りをコンセプトに、エイジングケアに抜群の成分を惜しみ無く配合しています。

オールインワンなので、これ一つで基礎化粧品のすべてをまかなうことができます。若々しい肌を保ちたい!と思う40代のあなたは、ぜひこのオールインワンパッククリームをチェックしてみてください。

オールインワンは嫌だなという人は、「フラーレン」「EGF」の含まれた基礎化粧品を探してみましょう。40代の基礎化粧品は、しっかりと成分を見て、納得したものを使うのが鉄則ですよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です