肌のたるみが気になり出したら使いたい基礎化粧品は?

Skin

「肌のたるみ」が気になるという人もいますよね。30代の頃にはそこまで気にならなかった「肌のたるみ」が、40代になると突然目立つようになり、自分でも「ものすごく気になる」ようになってくるのです。肌がたるむとだらしなく見えますし、表情も暗く見えます。

笑っていてもそう見えないことも増えますし、自分に自信がなくなる人もいるでしょう。
もちろん、年齢とともに肌がたるむのは仕方がないことです。お肌の曲がり角は25歳頃で、40代ではとうに過ぎているのですから。とはいえ、「肌がたるむ」のは嫌ですよね。同じ年でもキレイな美しい肌を保っている人を見ると、なんとも言えない悲しい気分になります。

肌のたるみは、適切な基礎化粧品を使えば予防することができるのです。ご存じでしたか?

そこで、「肌のたるみ」が気になり出したら使いたい、40代におすすめの基礎化粧品をご紹介したいと思います。

40代になって肌がたるむ原因を知ろう

そもそも肌のたるみは、なぜ起こるのでしょうか。太っている人だけでなく、痩せている人も肌はたるみます。肌のたるみを改善・予防するためには、やはり「原因」を知り、理解しなければいけませんよね。

40代という年代で肌がたるむ原因は
・皮膚を支える筋力の低下
・ハリを保つコラーゲンの低下
の二つが考えられます。運動をしないと筋肉が衰えますよね。それと同じで、顔の筋肉も使わないと衰えていき、その筋肉の上にある肌がたるむというわけです。

そして二つめは「コラーゲンの低下」です。

肌の真皮層にあるコラーゲン量は、40代では20代の半分にまで減少します。ハリがあれば、肌がたるむことはありません。20代で肌がたるんでいる人などいないですよね?それは20代の肌には、コラーゲンがたっぷりとあるからなのです。

実は肌のハリを保つ成分はコラーゲンだけではなく、他にもエラスチンやヒアルロン酸などがあります。これらの成分はコラーゲン同様、年齢とともに減っていき、新たに作られにくくなっていきます。

肌のたるみの改善の鍵は「コラーゲン」

先ほど肌がたるむ原因の一つは「コラーゲンの減少」だという話をしました。

つまり、肌のたるみを改善するには、肌にコラーゲンを補えば良いのです。とはいえ、コラーゲンを補うのは口でいうほど簡単ではありません。なぜならコラーゲンは体内で分解されてしまうので、食べ物や飲み物から摂るのは難しいのです。

基礎化粧品からコラーゲンを補うのも、たるみを改善するほどの効果を得るまでには時間かかかるかもしれません。一時的なハリアップにはなりますが、完全にたるみを改善するのは大変なことです。たるみを改善するには、基礎化粧品からコラーゲンを補いながら、肌自身がコラーゲンを作るように促してあげる必要があります。

「レチノール」という成分は、肌がコラーゲンを作るときの繊維芽細胞に働きかける性質があります。肌のたるみが気になり出したら、ぜひレチノール配合の基礎化粧品を使ってみてください。即効性を感じるのは難しいかもしれませんが、使い続けることで確実にたるみは改善してくるでしょう。

肌のたるみに効果のある基礎化粧品は?

では、実際に肌のたるみが気になり始める40代におすすめの基礎化粧品には、どんなものがあるのでしょうか。手軽なものならドラッグストアで買えるものもありますし、有名化粧品メーカーから販売されているものもあります。

自分の予算や、「肌のたるみ」以外の悩みがあるかどうかによってもおすすめの基礎化粧品は変わってきます。肌のハリを保つ成分は、すべて保湿成分です。40代になったら乾燥は大敵ですから、保湿効果のすぐれた基礎化粧品を選んでください。

その上で「たるみ」に特化したものをプラスすれば、肌のたるみは改善していくと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です