若々しい肌を保つために30代が選びたい基礎化粧品とは?

Beautiful

30代になると、「一気にオバサン化してしまう人」と、「芸能人のような美しい肌を保っている人」に分かれます。この最大の違いは、やはりスキンケアにあると言って間違いないでしょう。どんなスキンケアをしているか、どのような基礎化粧品を使っているかによって、肌の見た目は大幅に変わっていくのです。

では、あなたは30代で「オバサンのような肌」になるのと、「20代に間違われるような若々しい肌」、どちらになりたいですか?みなさんもちろん「若々しい肌」がいいですよね!肌がキレイだと自分に自信を持つこともできるようになります。

ここでは、若々しい肌を保ちたい30代が選びたい基礎化粧品についてお話ししたいと思います。

30代は保湿成分を補う基礎化粧品を選ぶ

若い頃は皮脂の分泌量が多く、肌もベタつきがちだった人も多いと思います。乾燥とは無縁だったという人もいるでしょう。

しかし20代をピークに肌の皮脂分泌量はどんどん減少していくのです。皮脂はニキビの原因になることから、「皮脂は悪者」と思っている人もいるかもしれませんが、皮脂は肌にとって大切なものです。

皮脂は肌の「天然のバリア」なので紫外線などの刺激から知らず知らずのうちに肌を守ってくれていたのです。しかし30代ではこの皮脂が少なくなっていくので紫外線などの影響をダイレクトに受けてしまいます。紫外線はシミを作るだけでなく、更に肌を乾燥させる原因にもなる恐ろしいものです。

ですから、30代になったらヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分の含まれた基礎化粧品を使うと良いでしょう。乾燥を防ぐことで肌のトラブルを未然に防ぐことができますよ。

30代が若々しい肌を保つためには、コラーゲンを増やす基礎化粧品を選ぶ

コラーゲンは肌のハリや弾力を維持するために欠かせない成分です。コラーゲンは食品にも含まれていますし、エイジングケアのために「コラーゲンドリンク」などもたくさん販売されていますね。

これだけでも、若々しい肌にコラーゲンが欠かせないということは分かると思います。しかし食品やドリンクのコラーゲンは、残念ながら肌に吸収されることはほとんどないと言われています。コラーゲンは体内で分解されてしまうため、外側からコラーゲンを補うことはほとんどできません。

わたしたちの肌には、もともとコラーゲンがあります。皮脂の分泌量が20代をピークに減少していくようにコラーゲンの生成量も年齢とともに減っていきます。基礎化粧品からコラーゲンを補うことは難しいので「基礎化粧品からコラーゲンの生成を促す」ことを目的にしましょう。

コラーゲンを作る繊維芽細胞に働きかける性質を持つ「レチノール」が配合された基礎化粧品がおすすめです。むやみにコラーゲン配合のものを使うよりも、レチノール配合のもののほうが確かな効果が得られますよ。

若々しい肌を保つためには、基礎化粧品の使い方も重要

基礎化粧品は、使う順番や使い方も重要です。若々しい肌を保ちたい30代は、洗顔後すぐにスキンケアを始めてください。意外と間違える人が多いのですが、基礎化粧品を使う順番は化粧水、美容液、乳液、そしてクリームです。

肌の悩み(シミ、たるみなど)がある人は、その悩みに特化した美容液を取り入れてみましょう。化粧水やクリームは、基本的には保湿成分の含まれたものにすると良いと思います。

そして、化粧水をつけるときは手でやさしくつけ、手のひらでパッティングして馴染ませてください。手のひらで叩くように化粧水をつける人がいますが、年齢とともに敏感になっている肌に「叩く」というのは刺激にしかなりません。

肌を刺激から守ろうと角質を厚くして、更に「若々しい肌」から遠ざかってしまいます。

せっかく若々しい肌を目指して基礎化粧品選びをしたのに使い方を間違えたら意味がありませんよね。基礎化粧品の使い方で素肌は大きく変わるので正しい順番、正しい使い方をして30代になっても若々しい肌を保っていきましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です