30代の基礎化粧品と初めてのエイジングケア

20代の頃には特に気にしていなかった「様々なお肌のトラブル」が、30代になると突然目立ってくるようになります。乾燥はもちろん、シワやシミ、くすみなど本当にいろいろな悩みが出てくるものです。「こんなに一気に出なくてもいいのに!」と叫びたくなるほど、鏡を見て悲しくなることもあるでしょう。

ついこの間までは若々しい肌だったのに…と落ち込むこともあるかもしれませんね。特に30代になったばかりだと、「エイジングケアはまだ早い」「エイジングケアは40代や50代向けのイメージで、使うことに抵抗がある」という人もいるのではないでしょうか。

しかし、いつまでもキレイな肌でいるためには、年齢相応の基礎化粧品を使うことが何よりも大切なのです。

ここでは、「30代の初めてのエイジングケア」についてお話ししたいと思います。

初めてのエイジングケアは「乾燥対策」から始める

さて、いざ「エイジングケアを始めよう」と思っても、今現在特別な「悩み」が出ていない人もいるでしょう。そんなときは、まず始めに「乾燥対策」から始めてみてください。

乾燥なんてしていないのに、乾燥対策?と思うかもしれませんが、実は「肌の内側が乾燥している」隠れ乾燥肌の人も多いのです。肌の表面が潤って見えるので気づかないだけで、実は乾燥しているなんてなんだか怖いですよね。そのため、まずは乾燥対策をしっかりと行いましょう。

ドラッグストアなどに売られている「エイジングケア」と書かれた基礎化粧品でなくても良いのです。水分を保つ成分が多く含まれたオルビスの「アクアフォースシリーズ」は、隠れ乾燥肌対策にも最適です。どこにもエイジングケアとは書かれていないので、まだ若い世代にも抵抗なく使っていただけると思います。

アクアフォースシリーズには「さっぱり」タイプと「しっとり」タイプがあるので、明らかに脂性肌の人以外はしっとりタイプを選ぶと良いでしょう。30代になったら、肌の表面は潤っていても内部は乾いているわけですから、しっとりタイプで肌の内部まで潤い成分を届けることを意識して基礎化粧品を選びます。

初めてのエイジングケアは成分を意識する

基礎化粧品の中には、「アンチエイジング」や「エイジングケア」などと分かりやすく書かれた商品もたくさんあります。エイジングケア用の基礎化粧品を探しているときには、これらの言葉には反応してしまいがちですよね。

しかし同じ「エイジングケア」商品であっても、成分や特徴はそれぞれ違っています。先ほど、初めてのエイジングケアは「乾燥対策から」という話をしました。まだ「年齢による肌の悩み」がはっきり出ていないのなら、乾燥対策に特化した基礎化粧品がおすすめです。

成分としては、「ヒアルロン酸」が配合されたものがいいでしょう。まだはっきり「乾燥」というトラブルも出ていないわけですから、化粧水から保湿成分を補うくらいがちょうど良いのです。お肌にもともとある成分、たとえばセラミドなどは油性のため化粧水に配合するのは難しい成分です。セラミドを摂るためには、どうしても乳液やクリームからということになります。

まだ乾燥を実感していない状態だと、これらは「ベタつく」と感じてしまうものです。ですから、水分を保持する高い保湿力のある「ヒアルロン酸」がおすすめなのです。

化粧水なら割とさっぱりした使い心地なので、初めてのエイジングケアにもぴったりですよ!

初めてのエイジングケアは「予防」を大切に

まだ肌トラブルが目に見えていない30代は、これから起こりうる「年齢による肌トラブル」を未然に予防することが大切です。今は特に何も感じていなくても、これからシワやシミが出てきてもおかしくはありません。

若い頃に紫外線を浴びたなぁと思ったら、シミを防ぐものを使うのも良いでしょう。「アルブチン」や「プラセンタエキス」などが、シミを予防する効果の高い成分です。

このように、今はまだトラブルがなくても、これから起こりうる可能性のあるトラブルを未然に防ぐことが大切です。トラブルが出てから改善するよりも、トラブルが出ないようにするほうが良いですよね!これも立派な「エイジングケア」ですよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です