30代で化粧ノリが悪いと感じたら基礎化粧品を変えてみる

Make

お肌の調子というのは、その日その日で変わります。たとえば寝不足のときや生理のとき、疲れがたまっているときには化粧ノリが悪いと感じることもあると思います。突然肌荒れが起きたり、ニキビができたりという経験は、おそらく誰にでもあることです。

嫌だなぁとは思いますが、一時的なものなのであまり気にしていない人も多いのではないでしょうか?

しかしこのようなことは、30代になると頻繁に起こるようになります。今までは限られた時期にしか起こらなかった「肌荒れ」や「化粧ノリの悪さ」が、頻繁に起こるようになるのです。女性にとって化粧は欠かせませんから、化粧ノリが頻繁に悪くなるのは困り者ですよね。

30代になると肌はどんどん衰えていくので、化粧ノリも悪くなっていくのです。とは言うものの、化粧はしないわけにはいきません。化粧ノリが悪いな…と感じたら、「基礎化粧品」を変えてみましょう。

今の基礎化粧品では、肌が満足していない証拠です。ここでは、30代におすすめの基礎化粧品をご紹介します。

ファンデーションが粉を吹くようになったら「乾燥対策」を

30代にもなると、化粧のときにファンデーションは欠かせませんよね。そんなファンデーションが粉を吹くようになったら、それは肌が「乾燥している」という証拠です。普段はあまり乾燥を感じないとしても、実際には肌は乾燥しているのです。

実は皮脂の分泌量は、20代をピークに徐々に減っていきます。その上肌の保湿成分や水分を維持する力も減っていくので、何もケアをしなければ年齢とともに肌が乾燥していくのは当然のことと言えますね。

ですから、ファンデーションが粉を吹くように感じたら、「保湿成分」の配合された基礎化粧品を使ってみてください。ヒアルロン酸入りの化粧水や、セラミド入りのクリームなどが定番アイテムとしてはおすすめです。外側からたっぷりと保湿成分を補い、乾燥による化粧ノリの悪さを改善していきましょう。

肌質そのものを改善するならオーガニックコスメもおすすめ

先ほど化粧ノリが悪くなる原因は「乾燥」だというお話をしました。30代で乾燥が進むのは保湿成分そのものが減ることと、肌が水分を維持することができなくなるからだ、と言いましたね。この肌の「水分保持機能」を回復させるためには、やはり肌質そのものを改善させることがおすすめです。肌質改善は口で言うほど簡単なことではありませんが、肌が健康になれば「化粧ノリが悪く」なることもなくなります。

おすすめは「オラクル」のオーガニックコスメです。タレントの梨花さんや平子理沙さんなど、多数の芸能人が愛用していることでも知られています。肌質を変えたい人はもちろん、どうせ基礎化粧品を変えるなら自然派化粧品がいい!という人にもおすすめですよ。

オーガニックコスメは植物由来の肌にやさしい基礎化粧品で、「肌本来の持つ力を引き出す」効果があると言われています。外側から栄養分を補うだけでなく、肌本来の力を力を引き出すことができれば、化粧ノリが悪くなることもありません。

化粧ノリの改善には、生活習慣の改善も必要

化粧ノリが悪くなったと感じたら基礎化粧品を変えてみましょう、といいましたね。今の自分の肌に合う基礎化粧品を使うことで、年齢による肌の乾燥や化粧ノリの悪さは改善していくでしょう。しかし、それだけでは不十分です。

化粧ノリを良くするには、やはり生活習慣の改善も必要だと言えます。良質な睡眠や食事、適度な運動などは健康の面でも大切なことです。むりをせずに、できるところから始めていきましょう。

30代になって化粧ノリが悪くなっても、「年齢のせいだから仕方がない」と諦めるのはまだ早いです。ここで紹介した基礎化粧品を参考に、自分に合うものを見つけましょう。そして、化粧ノリの悪さも改善していけたらいいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です