30代が選びたい基礎化粧品の成分「ヒアルロン酸」

Cosmetics

「基礎化粧品」とは、スキンケアのための化粧品のことです。化粧水や乳液、クリームなどのことを言います。今まで一度も基礎化粧品を使ったことがない人など、おそらくいないと思います。特に30代にもなれば、いろいろな基礎化粧品を使ってきたことでしょう。

若い頃と比べると、肌もどんどん変わってきます。若い頃の肌を「維持できるか」、それとも「老けていくか」は、日頃のお手入れが鍵を握っていると言っても過言ではありません。どんなお手入れをすればいいのか、気になりますよね?

おそらくみなさん、若い頃の肌を維持したいと思っているのでしょう。30代は「もっとも年齢に敏感な年代」でもありますから、若々しくいたいですよね。

そこで、30代が選びたい「基礎化粧品の成分」について、お話ししたいと思います。

30代が選びたい成分、一位は「ヒアルロン酸」!

保湿成分の王道とも言える「ヒアルロン酸」は、30代が選びたい成分の一つです。

ヒアルロン酸そのものに高い保湿力があるだけでなく、ヒアルロン酸には肌の「水分を抱え込む」性質があります。つまり、ヒアルロン酸を補うことで「肌が水分をキープしやすくなる」ということです。

年齢とともに、肌の「水分をキープする力」は弱まっていきます。体力や筋肉が衰えるのと同じなので、これは仕方がないことでもあるのです。しかしそこでヒアルロン酸を補えば、話は変わってきますよね。水分をキープすることができるようになり、潤いのある肌になることができますよ。

30代になると、どうしても肌に潤いがなくなってきます。カサカサしたり、ファンデーションのノリが悪くなるのはそのせいです。

ヒアルロン酸入りの基礎化粧品を使えば乾燥を防ぐことができますし、肌そのものの持つ力も改善していくことでしょう。しかもヒアルロン酸入りの基礎化粧品は比較的安価で、ドラッグストアなどでも売られているなど手軽に買えるのも魅力です。

年齢とともに減少する成分を補う

先ほどヒアルロン酸の話をしましたが、年齢とともに減少するのはヒアルロン酸だけではありません。若々しい肌の代名詞でもあるコラーゲンや、保湿成分であるセラミドも、年齢とともに減少していく成分です。30代になったら、これらの成分も積極的に補ってあげましょう。

セラミドは肌の保湿に欠かせない成分で、水分を挟み込む性質があります。エイジングケア用の基礎化粧品には、必ずと言っていいほど含まれていますよ。それは年齢とともにセラミドが減少していくことと、セラミドが若々しい肌を保つために必要不可欠なものだからです。

基礎化粧品からセラミドをとるには、乳液やクリームなど「油分の多いもの」からとることになります。おすすめはセラミドの生成を促す効果がある「米肌MAIHADA」シリーズです。自分の肌そのものがセラミドを作れるように促すことができるのは、米肌シリーズだけですよ。

気になるものがあったら、まずはトライアルセットから試してみる

さて、30代になったら選びたい基礎化粧品の成分にはヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドがあるという話をしましたが、いかがでしたか?これらの成分が含まれた基礎化粧品には、ドラッグストアなどで手軽に購入できるものも数多くあります。値段もピンキリです。

30代になると、知らないうちに肌質が変わっていることもあります。初めて使う基礎化粧品は、やはりトライアルセットで試してから現品を購入するようにしましょう。10日ほど使い続ければ、その基礎化粧品の効果も分かると思います。

30代になっても、いつまでも若々しい肌を保ちたいと思うのは女性なら当然のことです。30代になってもキレイな肌を保つ基礎化粧品の選び方!をほかページでご紹介していますのでよろしければ参考にしてみてください。自分に合う基礎化粧品を見つけられるといいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です